【完全初心者向け】初めてNFT買う方法を3ステップで解説

この記事は約7分で読めます。

 

  • NFT気になるけど、どこで買えばいいの?
  • まず1個くらい買っておきたい
  • でも失敗したくない、損したくないな…

 

こういったお悩みに答えます。

 

本記事の内容

■ 初めてNFT買う方法を3ステップで解説

■ 損しないための予算作り

■ さっそくNFTを買ってみよう!

 

本記事を参考に、失敗することなくNFTを買っていけますよ。

それでは、いってみましょう。

 

*****

ちなみに今なら、コインチェックがキャンペーン中(6月30日まで)

条件は口座開設+入金(1円〜OK)までなので、損することなくタダでビットコイン2,500円分もらえます。

予算なくなり次第キャンペーン終了することもあるので、サクッとビットコインもらっておきましょう。

>>無料でコインチェックを開く

 

 

初めてNFT買う方法を3ステップで解説

 

「NFT買い方」を失敗しないために、流れのイメージを掴んでおきましょう。

 

① 無料で仮想通貨口座を作る(動画で解説)

② 無料でウォレット(MetaMask)を作る

③ OpenSeaで、NFTを買う

以上3ステップで、失敗することなくNFTを買っていけます。

 

それでは、早速NFT購入に入っていきましょう。

 

① 無料で仮想通貨口座を作る(動画で解説)

 

NFTを買っていくためには、イーサリアムが必要になります。

 

「ビットコインじゃないの?」と感じるかもですが、NFT購入に使えるのは、ビットコインでなく「イーサリアム」になります。

 

そのためにまず、イーサリアムをゲットする国内取引所を開いておきましょう。

 

ですが、ここで注意点です。

 

冒頭でコインチェックをご紹介しましたが、イーサリアム購入なら「ビットバンク」がオススメです。

 

なぜなら、コインチェックではイーサリアムを「販売所」で購入する必要があり、手数料が高いからです。

ビットバンクなら、イーサリアムが「取引所」でおトクに購入できます。

 

ですので、以下のような手順がオススメです。

 

・コインチェックを開設+入金(1円〜でOK)
→タダでビットコイン2,500円もらう

 

・ビットバンクでイーサリアム購入
→NFT購入に充てる

 

 

>>無料でコインチェックを開く

>>無料でビットバンクを開く

 

余裕のある方はこの機会に、ビットコイン+イーサリアムをゲットしておきましょう。

 

 

無事口座が開けて入金までできたら、「イーサリアム」を購入していきます。

 

▶︎「取引所」→「ETH(イーサリアム)

 

ここで「販売所」を選ぶと、手数料で損するので必ず「取引所」でETHを購入しましょう。

 

▶︎「注文」

 

無事、イーサリアムが購入できました。

 

 

② 無料でウォレット(MetaMask)を作る

 

続いて、ゲットしたイーサリアムを仮想通貨用の財布(ウォレット)に送っていきます。

 

まず、ウォレットの中でも有名な「メタマスク」をインストールしていきましょう。

 

▶︎メタマスクをインストール

 

▶︎「Chromに追加」→「拡張機能を追加

 

▶︎「このブックマークに追加」で、検索の手間なくMetaMaskを開くことができます

 

▶︎「ウォレットの作成

 

▶︎秘密のフレーズ書き留め

ここで出てきた「秘密鍵」はメモしておいて、口外しないようにしましょう。

 

▶︎「同意します」→「開始

 

メタマスクが準備できたら、ビットバンク→メタマスクに先ほど購入したイーサリアムを送っていきます。

 

▶︎MetaMask(送金元)のアドレスコピー
※「アカウント名」タップで、アドレスコピーできます
※「イーサリアムメインネット」であると確認

 

 

▶︎「メニュー」→「出金:ETH

 

▶︎アドレス貼り付け(送金先)

 

以上で、メタマスクに「イーサリアム」が入金できました。

 

 

③ OpenSeaで、NFTを買う

 

ここまで終わったらOpenSeaとメタマスクを繋いでいよいよNFT購入です!

 

今回は、「CNP」というNFTコレクションを購入していきます。

CNPは、国内初のNFTで発表から2週間で価格が100倍に伸びる注目のNFTです。

 

CryptoNinja Partners - Collection | OpenSea
From the largest DAO in Japan Official Website : CryptoNinja Partners (CNP) is a 22,222-piece collection starring CryptoNinja sub-characters. Become an ow...

>>CNPページ(OpenSea)

 

▶︎OpenSeaとメタマスクを繋ぐ

 

お好きなNFTを選んでいきます。

 

 

▶︎決まったら「Buy Now

 

▶︎「Checkout」→ガス代確認

 

この時のガス代は、2〜3,000円程度でした。

 

 

以上で、NFTが買えました。

 

 

>>無料でコインチェックを開く

>>無料でビットバンクを開く

 

 

損しないための予算作り

 

ここまで読んだ方の中には、以下のように思う方もいるはず。

  • 予算足りない。
  • せっかく買うなら、損したくない。

 

今回紹介したCNPも、NFTの中では安いとはいえ0.2ETH(=約5万円)程度(22年6月4日現在)。

 

「もう少し予算ほしい!」という方は、ビットフライヤーのお友だち紹介も使っておくといいですよ。

 

なぜなら、あなたの招待コードで友だちや家族にビットフライヤーを作ってもらうと、

友人に1,000円
あなたに500円

ビットコインが入ってくるからです。

 

もらったビットコインを、あとでイーサリアムに変えることもできます。

無料でアフィリエイトが始められるので、コチラもサクッと無料登録しておきましょう。

 

*****

さらに6月17日までなら、ビットフライヤーからお友だち紹介キャンペーン中。

通常のお友だち紹介にプラスして、最大10,000円分のビットコインがもらえます。

キャンペーンが終わる前に、1円でも多くビットコインをもらっておきましょう。

>>無料でビットフライヤー開く

 

 

さっそくNFTを買ってみよう!

 

今回は、「NFT買い方」を3ステップで見てきました。

 

おさらいをすると、以下の通りです

① 無料で仮想通貨口座を作る(動画で解説)

② 無料でウォレット(MetaMask)を作る

OpenSeaで、NFTを買う

 

本記事を参考にしていただければ、失敗することなくNFTを買うことができます。

購入したNFTは、 TwitterなどSNSのアイコンなどにしてみると、グッと愛着が湧いてきますよ。

 

>>無料でコインチェックを開く

>>無料でビットバンクを開く

>>無料でビットフライヤー開く

タイトルとURLをコピーしました